MENU

蜂の子について知りたい!

蜂の子のサプリについて

蜂の子の効果について

蜂の子とは蜂の幼虫やさなぎのことを指し、日本以外にもルーマニアやタイ、エクアドル、メキシコなどで古来より食べられてきました。また、2200年以上前の中国の薬物学書には最高ランクである「上品」だといった記述があり、頭痛や長寿、内臓機能にある障害の改善、顔色が良くなるなどの効能が書かれています。

実際に蜂の子には耳鳴りや難聴などを改善する効果があるという実験結果が出ています。そのため、蜂の子を使ったサプリや漢方薬が出ており、健康のために飲んでいる人もいるのです。

他にも、蜂の子は耳の障害に効果があるだけでなくタンパク質が豊富です。特に、海がなく田んぼが作りづらい地形である長野県では、貴重なタンパク源として食べられてきました。また、サプリメントの場合、酵素分解というタンパク質をより摂取しやすくするための加工を施しているものがあります。

蜂の子は見た目や食感に癖がある食材

蜂の子にはさまざまな食べ方が存在します。一般的には、炊き込みご飯に混ぜたり、甘露煮にしたり、炒め物にしたりするケースが多いです。

しかし、この食べ方をする場合、幼虫やさなぎの原型が残っている状態で調理されるため、その見た目から抵抗感を抱く人もいます。また、食感や味に癖があり、外側はパリパリで中側はプリッとした感触がします。エビだと思えば比較的食べやすいですが、虫だということを考えてしまうとなかなか食が進まないという場合もあります。また、味については蜂の子そのものに強い味はないものの独特のコクを持っており、卵の味に似ているのが特徴です。このコクが苦手という人も中にはいます。

サプリとして摂取する蜂の子はメリットが多い

蜂の子を使用したサプリの場合、蜂の子を粉末状にしてサプリにしている商品が多くあります。元々の原型や食感は全く分からないように作られているので、蜂の子が苦手という方でも安心して飲むことができるのです。
また、商品によっては、蜂の子以外にもからだに良いとされるエキスや成分が配合されている場合があります。なので、蜂の子だけでは得られない栄養などを得ることができます。

食材として買ってくる蜂の子の場合、調理をしないと食べづらいですが、サプリの場合はそのまま飲むことができます。耳鳴りや難聴改善のために食材として蜂の子を買ってきた場合、毎日続けて摂取するにはいちいち調理しないといけません。しかし、サプリは調理する手間を省き、毎日手軽に摂取することができるので非常に楽というメリットがあります。調理する時間がなく、忙しい人でもすぐに摂取できるのでおすすめです。