MENU

蜂の子について知りたい!

蜂の子とローヤルゼリーは何が違うのか

蜂の子とローヤルゼリーは別物

蜂の子とローヤルゼリーは「蜂に関する食べ物」という部分では共通していますが、蜂の子=ローヤルゼリーではなく、それぞれ全く違うものです。
今回の記事では、蜂の子とローヤルゼリーの違いについて紹介していきます。

蜂の子について

蜂の子とは蜂の幼虫やさなぎのことで、どの種類の蜂であっても共通して「蜂の子」といいます。蜂の子の食べ方にはさまざまな方法があり、炊き込みご飯にしたり煮付けにしたりなどといった食べ方があります。

蜂の子の成分について

蜂の子はたんぱく質が豊富で、その他にも脂肪や炭水化物、ビタミンやミネラル、脂肪酸や必須アミノ酸などが含まれています。特にアミノ酸の一部は人間の体内では作り出すことができないため、食事から摂取する必要があります。なので、蜂の子を食べることによって、日々必要な栄養をしっかりと摂取することができます。

蜂の子の効果は?

蜂の子は古くから薬としても利用されています。特に、耳鳴りや難聴に関しての効果は高く、ある会社で行われた実験では2~4キロヘルツの音が聞き取れるように改善したとの結果が出ています。難聴に関しての効果は個人差がありますが、基本的に改善に向かう傾向にあるといえるでしょう。

ローヤルゼリーについて

ローヤルゼリーとは、蜂の体内で生成されるものです。ローヤルゼリーは蜂蜜とは異なり、酸味が強いことと栄養価が高いことが特徴として挙げられます。

ローヤルゼリーの成分は?

ローヤルゼリーは、水分やタンパク質、アミノ酸などの成分を多く含み、他にも炭水化物や脂質が入っています。
ローヤルゼリーは蜂の子よりもアミノ酸をたくさん含んでおり、ローヤルゼリーを多く摂取している女王蜂は通常の蜂と比較をすると2~3倍の大きさで寿命も30~40倍とのデータもあり、長寿の傾向があります。

ローヤルゼリーの効果は?

ローヤルゼリーには耳鳴りの軽減や冷え症を改善する効果があります。
自分にしか聞こえない音が耳鳴りとして聞こえる場合、ローヤルゼリーを摂取し続けることで改善が期待できます。
また、冷え性に関しては腰や手足が冷える症状に効果があり、ある会社で行った実験ではローヤルゼリーを摂取した後に手先の温度が上がったという結果も出ているため、ローヤルゼリーは冷え性にも有効だといえるでしょう。

他にも、糖尿病の初期症状の改善に対しても期待することができます。そもそも糖尿病とは、食後の血糖値を抑えることができなくなる病気で、体内で分泌させるインスリンの効果が効かなくなってしまうことで血糖値が高くなってしまいます。しかし、ローヤルゼリーには体内で生成されるインスリンの効果を高める性質があり、糖尿病の初期症状には有効なのです。

蜂の子とローヤルゼリーはこんな人におすすめ

蜂の子やローヤルゼリーにはさまざまな効能があることを紹介しましたが、具体的には以下のような症状で悩んでいる人におすすめです。

蜂の子はこんな人におすすめ

蜂の子に含まれる成分により、耳の聞こえが回復する傾向にあるので、蜂の子は、難聴や耳鳴りで悩んでいる人におすすめです。また、肌にハリや艶を出す効果もあるので、肌質で悩んでいる方にもおすすめできます。

ローヤルゼリーはこんな人におすすめ

ローヤルゼリーは多くの栄養が含まれているため、体力増強や疲れやすい人に効果を与えます。また、冷え性で悩んでいる人や糖尿病の初期症状があらわれている人にも効果が期待できるためおすすめです。

参考URL
蜂の子とローヤルゼリーの違い①
http://tsudanuma.minim.ne.jp/royaljelly.html
蜂の子とローヤルゼリーの違い②
https://www.calgold.com/showdetails.asp