MENU

蜂の子について知りたい!

蜂の子が気持ち悪いと感じる人でも食べられる方法は?

蜂の子とは

蜂の子とは、蜂の幼虫やさなぎのことを指します。どの種類の蜂であっても共通して「蜂の子」とよばれています。
蜂の子は栄養価の高い食材として昔から食べられています。虫を食べる行為に気持ち悪いというイメージを持っている方もいますが、近年ではその栄養価の高さが注目されています。

また、オスの蜂の子は栄養価が高く、オスの蜂の子のみを使用した栄養満点の商品も出ています。オスの蜂の子は女王蜂に栄養を注入する役割を持っているため、メスの蜂の子よりも多くの餌を食べて育つ特徴があるのです。

蜂の子は栄養価が高い食品

蜂の子は栄養価が高い食品として知られています。蜂の子にはタンパク質や炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラル、脂肪酸などが含まれており、さらには必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は人間の体内で生成することができず、体外から摂取する必要があります。そのため、蜂の子は必須アミノ酸を摂取することにも適しており、健康に良い食材なのです。

蜂の子を使った料理はどんなものがある?

中には、蜂の子をそのまま食べることに抵抗がある方もいるでしょう。しかし、蜂の子を調理すれば見た目が多少変わります。
蜂の子はつくだ煮 や甘露煮にして食べる方法や、炊き込みご飯にして食べる方法などがあります。また、地方によっては炭火で焼いて食べる方法などもあります。

蜂の子を食べる習慣がある地域では、お土産屋さんや一部のスーパーなどで佃煮や甘露煮として調理された蜂の子が販売されています。また、ネットを使えば調理されたものを通販で購入することもできます。調理前の蜂の子が苦手だと感じる方は調理済みの蜂の子を購入すると良いでしょう。

見た目を気にせず蜂の子を食べる方法は?

蜂の子は幼虫やさなぎの形状をしています。そのため、どうしても見た目が気持ち悪く感じ、食べられないという方もいます。無理に蜂の子を食べてもストレスとなってしまい、逆効果となってしまうため無理だと感じる場合は蜂の子の摂取は避けましょう。

また、蜂の子特有の形状が苦手ではあるけれど栄養価が高いから食べてみたいという方は、サプリメントの購入をおすすめします。
蜂の子のサプリメントは錠剤になっているものが多く、見た目を気にすることなく食べることができます。また、サプリメントとして摂取する蜂の子の栄養価は変わらず高いままなので、栄養面でも安心して摂取することができます。

他にも、キャンディタイプの蜂の子もあるので、お菓子として蜂の子を楽しみたい方はこちらもおすすめです。蜂の子のキャンディは見た目が飴玉なので、サプリメントと同じく、見た目を気にすることなく食べることができます。また、サプリメントよりも手軽に食べることができる点もキャンディのメリットといえるでしょう。

参考URL
蜂の子のサプリとは?
http://wanpack.main.jp/post17.html#chapter-1
蜂の子はどんな味がする?
https://www.sazoo-aq.org/02meet/02sublinks/grizbear.html