MENU

蜂の子について知りたい!

お土産として売られている蜂の子の商品について

蜂の子の商品は長野県や岐阜県が豊富

長野県や岐阜県には、蜂の幼虫やさなぎなどの蜂の子を食べる文化があります。蜂の子は栄養が豊富で、昔から貴重なタンパク源として食べられていました。特に長野県は海がないため、昔から虫を食べる習慣が根付いており、蜂の子以外にイナゴやザザムシなども食べています。

そのため、そのような地域に行くと、お土産として蜂の子を使った商品が数多く売られています。また、最近では蜂の子に含まれる栄養やさまざまな効能が注目されています。美容や健康目的で、蜂の子を使ったお土産や郷土料理を好んで食べる観光客がいるくらい人気があるのです。

蜂の子は栄養が豊富

蜂の子は、蜂蜜と花粉の混合物である「蜂パン」 を食べて育ちます。オスの蜂は、女王蜂がたくさん卵を産み長生きするように、交尾の際に豊富な栄養を注入するという役目があります。そのためオスの蜂の子は、メスに比べて約3倍もの蜂パンを食べています。そのため、蜂の子として商品化されているものの多くは、栄養豊富なオスの蜂の子を用いているのです。

蜂の子に含まれている栄養はとても多く、タンパク質の他にも、炭水化物やビタミン、脂肪、ミネラル、必須アミノ酸などが含まれます。また、蜂の子は日常的に必要な栄養の補給だけでなく、耳鳴りや難聴など耳の聞こえに関する症状を改善する効果があるのです。

どのようなお土産があるのか

蜂の子はさまざまな調理方法があり、そのままの形状で缶詰や瓶詰めにされているものもあれば、原型が全く分からないように加工してあるものまであります。
以下、どのようなお土産があるかについて紹介していきます。

蜂の子キャンディ

蜂の子を使用したキャンディは、蜂の子を粉末状にしたものを使用しているため、蜂の子特有の形状が苦手という方におすすめです。
商品によっては、蜂の子の他に蜂蜜やはちみつ花粉とよばれる美肌や健康効果のある成分が含まれており、蜂にまつわるさまざまな栄養を一気に摂取することができます。

蜂の子の缶詰

幼虫やさなぎをそのまま煮詰めて缶詰にした商品も存在します。缶詰を開けてそのまま食べることもできますし、味付けされているものも多いので、ごはんのおかずとしても相性抜群です。

蜂の子の甘露煮

蜂の子は甘露煮にして食べる調理方法も非常に人気があります。そのため、甘露煮にした状態のものをお土産として売っているお店もあります。
甘露煮にすると、蜂の子が持っている独特の味があまり気にならなくなるので、缶詰の蜂の子が苦手という方は、甘露煮として食べることをおすすめします。